サイトマップ
ウォーターサーバーキャンペーン確認する
    韓国の水事情

    韓国の水道水は飲めるが注意/コンビニで買えるミネラルウォーターと水事情

    • URLをコピーしました!

    旅行や仕事でお隣の国・韓国に行く際に気になるのが『水事情』

    こちらの水道水が飲める国でも紹介してる通り、日本ではごく普通に水道水を飲んでいるかと思います。

    そして、実はアメリカ・CDC(疾病対策予防センター:Centers for Disease Control and Prevention)や韓国発表では、韓国は日本と同様に水道水が飲める国です。

    ですが、この先でも紹介していますが、多くの韓国人は水道水を飲む習慣がありませんし私の知人もミネラルウォーターを購入して飲んでいます。

    日本より国土は狭いですが、一言で韓国と言っても様々な場所があります。

    一応公式発表上は飲めますが、最終的にはご自身で判断してください。

    少しでも不安ならコンビニでお水を購入しましょう(^^)

    まとめ
    • 韓国・アメリカ(CDC)発表では水道水は飲める
    • 但し現地韓国人の大半は飲まない
    • 浄水器のお水かコンビニでミネラルウォーターを買おう
    • 身支度程度なら問題なし
    • ※硬水の為髪が多少ゴワつく可能性あり
    • 浄水器のフィルター掃除を怠ってるケースもある
    • 最終的にはご自身の舌で判断
    目次

    公的機関発表/日本とアメリカで韓国に対する意見が違う

    冒頭で紹介の通り、韓国政府の発表では韓国の水道水は日本に匹敵する程の安全・快適な水道水が飲める国です。

    確かにこれから紹介するアメリカ:CDCが発表した安全な水道水が飲める国一覧でも、韓国の名前が表示されています。

    ですが、これらの安全基準は国によって項目・条件が違います。

    私達日本人が確認すべき日本(国土交通省)からの発表では韓国の名前を確認出来ませんでした。

    国土交通省から引用/韓国水道水は安全じゃない

    アジア
    • 日本
    • アラブ首長国連邦
    注意点
    • アイスランド
    • アイルランド
    • オーストリア
    • クロアチア
    • スウェーデン
    • スロベニア
    • ドイツ
    • フィンランド

    正確にお伝えすると、安全じゃないと名指しで表記されているわけではなく、安全に水道水が飲める国一覧に韓国の名はありませんでした。

    アメリカ:CDCから引用/韓国水道水は安全

    [su_tabs class=”my-custom-tabs”]
    [su_tab title=”資料1″]

    • 緑色:安全な水道水が飲める国
    • 赤色:安全じゃない水道水の可能性あり

    [/su_tab]
    [su_tab title=”資料2″][/su_tab]
    [/su_tabs]

    資料1(15カ国)
    • 日本
    • 韓国
    • シンガポール
    • ニュージーランド
    • オーストラリア
    • ※サウジアラビア
    • ポーランド
    • イタリア
    • スペイン
    • フィンランド
    • イギリス
    • アイスランド
    • グリーンランド
    • カナダ
    • アメリカ
    資料2(15カ国)
    • 日本
    • 韓国
    • シンガポール
    • ニュージーランド
    • オーストラリア
    • ※ブルネイ
    • ポーランド
    • イタリア
    • スペイン
    • フィンランド
    • イギリス
    • アイスランド
    • グリーンランド
    • カナダ
    • アメリカ

    ここからはあくまで推測ですが、アメリカでは日本の水道水と違い、ミネラル成分が大量に含まれている硬水を幼少期から飲んでいます。

    その為、日本人よりミネラル成分からの影響に強く、多少硬度が高くても問題ないと考えられている可能性があります。

    その他、韓国や日本含む水道水が飲める国の情報は下の関連記事にまとめています。

    あわせて読みたい
    水道水が安全に飲める国ランキング/世界の水道水と日本の水道水を比較 日本で育つと安全な水道水が飲める・使えることが当たり前かのように錯覚してしまいがち。 ですが、世界に目を向けると日本と同様に安全な水道水が飲める国は疾病対策予防...

     

    韓国水道水の最大の違いは硬度/韓国は硬水・日本は軟水

    日本と韓国水道水の最大の違いは『ミネラル成分量』

    このミネラル成分量の多さによって、おおまかに2種類のお水に分類されます。

    [WHOと日本の硬度基準]

    WHO(世界保健機構)と日本の硬度基準は多少違いますが、ミネラル成分量が多いお水=硬水。

    ミネラル成分量が少ないお水=軟水と世界で統一されており、韓国の水道水で飲めるお水は『硬水』です。

    • 日本の水道水=軟水
    • 韓国の水道水=硬水
    韓国含む多くの国の水道水は硬水。実は軟水が水道水が飲める国は日本を含む数カ国程度しかない

    韓国水道水の硬度一覧/随時更新

    日本のほぼ全ての地域は硬度60mg/L以下の軟水
    • 慶州=550mg/L
    • ユソン=150mg/L
    • プラン=100mg/L
    • ソウル=55mg/L

    日本人が一番多く訪れるソウルは、日本とほぼ同じ軟水!

    ですが、その他地域では日本の水道水硬度の2倍〜10倍以上のミネラル成分を含んだ硬水であることが判明しました(>_<)

    ちなみに、私達が硬水(海外の水道水)を飲むと、以下のような症状になる可能性が少なからずあります。

    • 下痢
    • 頭痛

    なんとなく『ミネラルが多い=健康に良い』とイメージしがちですが、普段から日本の軟水で生活していると、急に硬水を飲むことで体でビックリしてしまい下痢になってしまうことが多々あります(>_<)

    この下痢は『海外旅行あるある』でして、韓国以外の地域でも現地のお水を飲むと下痢になると言われている最大の理由が『硬度』

    まだソウルは他都市と比較すると安全ですが、出来る限り避けるべきでしょう。

     

    水道水の安全な使い方

    • ソウルは公式発表では軟水
    • 他都市は基本的に硬水
    • 普段から軟水で生活していると硬水を飲むと下痢になる可能性がある

    せっかくの渡韓ですから、下痢になるのは出来る限り避けたいもの。

    ですが、生活と密接な繋がりのある水道水を使わない事は少々現実的な話しでは無いかと思います(>_<)

    そこで、韓国での安全な水道水の使い方を紹介しますと『飲料水以外の利用』なら特に気にする必要はありません!

    歯磨き・洗顔(身支度)程度は水道水

    • 歯磨き
    • 洗顔
    • ※お風呂

    上記のような身支度程度なら韓国人も水道水を利用していますし、私の友達に話しを聞いてもやっぱり水道水を利用していました(^^)

    但し、お風呂(シャワー)時はちょっとだけ注意が必要(>_<)

    男性だとあまり気にしていない様子ですが、女性のデリケートな髪の場合硬度は髪質を左右する重要なポイントの一つでもあります。

    ホテルに備え付けのトリートメントはありますが、普段からお使いのモノを持っていったほうが何かと安心です。

    タイ(バンコク)の水事情でも紹介していますが、何かとトラベルボトルは便利!

    ゴワついた髪でショッピングなんてしたくありませんからね(>_<)

    余談ですが、白い服が黒ずむのは硬水あるある。

    旅行中に洗濯する機会は限られるかと思いますが、頭の隅にでも覚えてあげてください。

    カップラーメンは煮沸させた水道水/浄水器がベター

    硬度の高い韓国水道水でも、煮沸することで残留塩素や臭いの減少が可能。

    ですが、可能なら浄水器のお水を使ったほうが確実に美味しいのも事実。

    基本的には浄水器のお水や市販ミネラルウォーターのお水を利用して頂き、どうしても無いようなら水道水を使いましょう。

     

    韓国ホテルの多くはペットボトル水無料提供サービスあり

    日本よりミネラルウォーター価格は安いのですが、必ず必要になるお水。

    一部(中堅以上)のホテルではミネラルウォーターの無料提供サービスを行っています(^^)

    ホテルの予約をする前に、宿泊予定ホテルの公式サイトを確認して頂ければ、上の画像のように『飲料水ボトル(無料)』の文字を発見できるかと思います(^^)

    この表記であれば、少なくとも飲み水に関しての心配は不要ですね。

    飲んだ感じ軟水/ただ硬度表記はなかった

    韓国・ソウルのコンラッドホテル

    今回の韓国水事情調査の為に利用したホテルは、ビジネス街の真ん中にあるコンラッド・ソウル

    日本でもおなじみのヒルトン系列ホテルという事もあり、安心感が他社ホテルと比較すると段違いですよね。

    そんなコンラッド・ソウルでは1回の宿泊に対して2本の無料ミネラルウォーターをプレゼントして頂けます(^^)

    コンラッド・ソウル以外でも多くのホテルが無料ミネラルウォーターサービスを実施

    但し、硬度の表記はミネラルウォーター裏面を確認してみても発見できませんでした(>_<)

    飲んだ感じは、私達が普段から飲んでいる軟水。

    現地では日本の約3分の2程度の値段でミネラルウォーターの購入は可能ですが、この辺のサービスはやっぱり嬉しいですよね(^^)

     

    韓国のコンビニで買えるミネラルウォーター水/おすすめ

    韓国で買えるおすすめミネラルウォーター

    今回は旅行時に一番お世話になるコンビニでのミネラルウォーター価格について紹介します。

    ICIS/アイシス

    こちらのミネラルウォーターは、忠清北道・清州発のミネラルウォーター。

    至る所のコンビニにこちらのアイシスが並んでおり、実際に購入して飲みましたがスッキリ飲みやすい軟水でした。

    (コメント欄:dd様よりご教授頂いて修正いたしました、ありがとうございます)

     

    さいごに/日本以上に浄水器文化が進んでる背景

    • 赤色:水道水が飲めない国
    • 緑色:水道水が飲める国

    韓国・アメリカ発表では韓国の水道水は日本と同様に『安全に飲める』と評価されていますが、実際に韓国の知人達に質問したところ「水道水なんて飲まない」との意見が。

    住んでいるマンションの貯水槽状態や地域によって異なりますので、この記事では『飲める or 飲めない』と断言しません。

    ですが、多くの現地韓国人が飲めない or 飲まないと答えてる以上、少なくとも観光で韓国に行く場合は念の為に飲むのを控えたほうが何かと安心だと思います。

    素敵な韓国旅行・お仕事の参考にしてもられると嬉しいです。

     

    追記/地下水から基準値の157倍ウラン検出

    2019年10月3日、韓国メディアは、飲料用に使用されている地下水76カ所から、最大で基準値の157倍のウランが検出されたことを伝えた。
    https://www.excite.co.jp/news/article/Global_news_asia_5918/

    肝心の韓国メディア原文まで発見できませんでしたが、基準値の157倍悩乱が検出されたとのこと。

    一概に『韓国=危ない』とは当然ですが言いませんし、言えません。

    但し、私達はより一層飲むお水に気を付けて観光すべきですね。

    https://www.cdc.gov/healthywater/drinking/drinking-water-week.html

    韓国の水事情

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    この記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメント一覧 (3件)

    • 写真の「ピンク色のかわいいパッケージの水」はアリスではありません
      名前はアイシス、忠清北道の清州の水です

      韓国の水道水についてはこちらを参考
      https://www.youtube.com/watch?v=uwR3f5FYNu4&vl=ko

      こういうコメントもありました
      「日本の人が水道水を飲まない理由の一つに、屋内配管の劣化があると思います。
      実際うちのマンションは築30年くらいですが、ストレーナーに錆びのようなものが溜まります。
      さすがに毎日飲むのは…と飲み水は買っています。
      新築や築浅ならもちろん飲むのですが」

      水道水自体が問題じゃなくて、古い建物の配管が問題だと思います。

      • 確認次第写真の名前変更致します、お忙しい所感謝です!ありがとうございます!

        私の所は築浅で一応水道水飲めるらしいのですが、気分的にお水は定期的に購入してます。(料理用のお水は水道水です)

        日本の水道水は私も美味しいと思いますよ\(^o^)/

        • アリス→アイシスに修正いたしました!ありがとうございます!

    コメントする

    目次
    目次
    閉じる