サイトマップ
ウォーターサーバーキャンペーン確認する

    カナダの水道水は飲める【アメリカ:CDC発表】元在住者が教える旅行前に知りたい水事情

    • URLをコピーしました!

    海外に行く時に気を付けたいのが現地の水事情ですよね。

    日本に住んでいると気が付きにくいのですが、実は水道水が飲める国は限られています。

    ほとんどの国では⽔道水はそのまま飲めません。

    その中でカナダは、世界でも数少ない水道⽔が飲める国の1つです。

    それでも水が原因で体調を崩したりする人も、少なからずいるのが事実です。

    今回は実際にカナダに住んでいた私(@suzu2191)が、現地カナダのリアルな水事情を経験を踏まえながら紹介していきます。

    メリット
    • 水道水が飲める国
    • バンクーバー:軟水
    • トロント:中硬水
    • モントリオール:中硬水
    注意点
    • 現地はペットボトル派が多い
    • 髪のパサつき・肌の乾燥に注意
    • 下痢止めを持ってきたほうが安心
    DASANI(ダサニ)
    DASANI(ダサニ)

    ろ過した水道水にミネラルを添加
    NAYA(ナヤ)
    NAYA(ナヤ)

    スーパー等で購入可能。硬度215mg/Lの硬⽔
    eska(エスカ)
    eska(エスカ)

    珍しい軟水ミネラルウォーター
    目次

    現地カナダの水事情

    カナダの⽔道水は安全です。

    ほとんどの場合問題なく飲むことができます。

    こちらの水道水が飲める国記事内でも記載していますが、アメリカ:CDC(疾病対策予防センター)でカナダは安全な水道水が飲める国と発表しています。

    [su_tabs class=”my-custom-tabs”]
    [su_tab title=”資料1″]

    • 緑色:安全な水道水が飲める国
    • 赤色:安全じゃない水道水の可能性あり

    [/su_tab]
    [su_tab title=”資料2″][/su_tab]
    [/su_tabs]

    資料1(15カ国)
    • 日本
    • 韓国
    • シンガポール
    • ニュージーランド
    • オーストラリア
    • ※サウジアラビア
    • ポーランド
    • イタリア
    • スペイン
    • フィンランド
    • イギリス
    • アイスランド
    • グリーンランド
    • カナダ
    • アメリカ
    資料2(15カ国)
    • 日本
    • 韓国
    • シンガポール
    • ニュージーランド
    • オーストラリア
    • ※ブルネイ
    • ポーランド
    • イタリア
    • スペイン
    • フィンランド
    • イギリス
    • アイスランド
    • グリーンランド
    • カナダ
    • アメリカ

    しかし実のところ、現地の人は飲み水としてボトルウォーターを買う⼈が結構多いです。

    もしくは、各家庭に⽔道水をろ過するフィルターを付けていたり、『Brita(ブリタ)』というカナダブランドの取替可能なポット型浄水器を使って水道水を飲んでいます。

    カナダの冷蔵庫はろ過フィルターが備え付けられていることが多く、そこから飲み水を飲んだりしています。

    [su_tabs class=”my-custom-tabs”]
    [su_tab title=”冷蔵庫”]

    [/su_tab]
    [su_tab title=”ろ過フィルター”]

    [/su_tab]
    [/su_tabs]

    最初に述べたように、そのまま水道水を飲むことは問題ありません。

    それでも、現地の半数の人はボトルウォーターを購⼊したり、浄水器を使ってろ過してから飲んでいるのが現状です。

    ちなみに私はカナダのモントリオールとバンクーバーに住んでいましたが、当初水道水はなんの抵抗もなく飲んでいましたし、特に問題はありませんでした。

    しかしながら、現地の友⼈に『⽔道水はそのまま飲まない』という人が多く、私も自然と飲まなくなりました。

    そういった意識がある人が多いです。

    あわせて読みたい
    水道水が安全に飲める国ランキング/世界の水道水と日本の水道水を比較 日本で育つと安全な水道水が飲める・使えることが当たり前かのように錯覚してしまいがち。 ですが、世界に目を向けると日本と同様に安全な水道水が飲める国は疾病対策予防...

     

    カナダの水道水硬度/地域によって変わる

    カナダは同じ国でも地域によって時差があるほど大きな国です。

    そのため、水道水の硬度も地域によって異なります。

    ⽇本の水道水は『軟⽔』と言われていますが、カナダはどうでしょうか。

    カナダの3大都市、バンクーバー・トロント・そして私が住んでいたモントリオールで⽐較してみました。

    バンクーバー=軟水

    水の硬度は、7,9〜11,8mg/Lです。

    ⽇本の⽔道水の硬度は、平均50〜60mg/Lです。

    同じ日本の軟水と比較しても、バンクーバーの⽔道⽔はかなり柔らかい水質と言えます。

    トロント=中硬⽔

    ⼀方、カナダの東にある大都市トロントの水道⽔は『中硬水』と言われています。

    水の硬度は、121〜142mg/Lです。

    水の硬度が変わると体調を崩す人もいます。

    ⽇本の軟水とは違うので、敏感な人はボトルウォー ターを購入した方がいいかもしれません。

    モントリオール=中硬⽔

    モントリオールはトロントのさらに東にある都市で、⽔道水は『中硬水』と言われています。

    水の硬度は、109〜124mg/Lです。

    トロントと同じく中硬水ですが、モントリオールはやや軟⽔に近いと言ったところです。

    カナダ主要都市の水道水事情をまとめると、このように感じになりました。

    地域 場所 分類 硬度
    バンクーバー カナダ西部 軟水 7,9〜11,8
    トロント カナダ東部 中硬水 121〜142
    モントリオール カナダ東部 中硬水 109〜124

     

    おすすめ!是非飲んでほしいペットボトルウォーター【値段付き】

    カナダの水道水は安全とはいえ、⽔の硬度が変わると体に合わない人もいます。

    水道水を飲むのに抵抗がある人や、敏感な人はボトルウォーターを購入することをおすすめします。

    カナダにある有名な、ペットボトルウォーターを3つピックアップしてみました。

    DASANI(ダサニ)/メジャーブランド

    DASANI(ダサニ)

    • DASANI(ダサニ)
    • 1.25カナダドル(約94円)
    • 硬水(数値は不明)

    ※購入時のレート

    カナダ全土で売られている、1番メジャーなブランドです。

    カナダの100円ショップ『ダララマ』や、ドラッグストア・スーパーなどで気軽に手に入ります。

    こちらのブランドは、原料はろ過した水道水で、そこに独自ミネラル成分を加えているとのこと。

    メジャーミネラルウォーターだからなのか、日本アマゾンや楽天市場でも手に入ります。

    DASANI WATER

    DASANI WATER

    Amazonの情報を掲載しています

    NAYA(ナヤ)/硬度200mg/L以上の硬水

    NAYA(ナヤ)

    • NAYA(ナヤ)
    • 1.19カナダドル(約90円)
    • 硬水(215mg/L)

    ※購入時のレート

    カナダでよく見かけるミネラルウォーターのブランドの1つです。

    採水地はカナダ・ケベック州のローレンシャン高原で、硬度は215mg/Lの硬水です。

    こちらも100円ショップやドラッグストア・スーパー等で購入できます。

    eska(エスカ)/飲みやすい軟水

    eska(エスカ)

    • eska(エスカ)
    • 1.95カナダドル(約146円)
    • 軟⽔(76mg/L)

    ※購入時のレート

    カナダのミネラルウォーターの中では、⽐較的珍しい軟⽔のブランドです。

    硬度は76mg/Lと⽇本の水道水の硬度に近いですね。

    カナダのミネラルウォーターは硬水が多い中、軟⽔で飲みやすい水と言えます。

    ドラッグストアや、スーパーで購入できます。

    カナダでお得なペットボトルウォーターの買い⽅

    カナダの水道⽔は飲めますが、現地の人はペットボトルを買う人が多いです。

    その理由の1つが、安さにあります。

    確かに1本あたりの値段は、日本とさほど変わりません。

    ところがパックで購入したり、4リットルの大容量の水がかなり安く手に入るのです。

    20パックのミネラルウォーターが2.27カナダドル(約170円)、4リットルのミネラルウォーターがなんと1.97カナダドル(約148円)と破格です。

    値段はお店によって若⼲異なりますが、単品で買うと高くつくことが多いです。

    このように、ペットボトルウォーターをお得に買うなら、パックのボトルウォーターを購入するのがおすすめです。

     

    旅行時に不安な水事情あれこれ

    海外の⽔を飲んだり使ったりすると、個人差はあれど体調を崩したり、体への影響が見られることがあります。

    それでも滞在中、水は必要不可欠。

    カナダで起こりうる影響と対処法を紹介します。

    髪や肌への影響/ゴワつきが心配

    旅⾏時に自分のシャンプーや石鹸などを持って行く人も多いかと思います。

    しかしこれらの⽇本製品は日本の軟⽔に合わせて開発されており、硬めの水質の場合泡⽴ちが悪くなることがあるそうです。

    さらに、硬⽔のシャワーを浴びたあとは軟水に比べて乾燥しやく、カナダに来てから髪や肌の乾燥に悩んでいる人も少なくありません。

    私がカナダ(モントリオール)に住んでいた時も、髪のパサつきと肌荒れにかなり悩まされました。

    現地の人は、髪を洗うのは『1週間に3回程度』と聞いてびっくりしました。

    毎⽇お風呂に入って髪や体を洗う日本人にとっては信じられないかもしれませんが、洗いすぎがカナダでは乾燥につながることもあります。

    カナダに滞在中は、より保湿に気をつけて下さい。

    普段の髪や顔を洗う回数を減らしてみてもいいかもしれません。

    下痢になった時の対処法

    合わない水を飲むと体調を崩すことがあります。

    カナダでもしお腹を壊したら、まずは安静にすることが⼤事です。

    水分(市販の飲料水など)をしっ かり摂って、下痢止めの薬を服用しましょう。

    カナダの下痢⽌止めの薬は『Imodium』という薬が一般的です。

    ドラッグストアで気軽に手に⼊ります。

    とはいえ、海外の市販の薬は日本人に合った成分・量量とは限りません。

    英語もしくはフランス語で記載された『使⽤上の注意』をよく読んで服用することが前提です。

    基本的には下痢⽌めに限らず、風邪薬などの常備品は日本から持ってくるのが無難です。

    【第2類医薬品】セイロガン糖衣A 84錠

    【第2類医薬品】セイロガン糖衣A 84錠

    1,239円(05/17 02:25時点)
    Amazonの情報を掲載しています

     

    さいごに

    カナダの水道水は日本と同じく世界的にみても安全。

    そのまま飲むことができます。

    しかし実際現地の人はペットボトルウォーターを購入したり、各家庭で浄⽔水器を用いて水道水をろ過し、飲んでいる人が多いのが現状です。

    カナダではペットボトルウォーターが気軽に安値で⼿に入ります。

    やはり、ペットボトルを買う人は多いです。

    しかし環境問題の観点から、カナダではペットボトルウォーターの購入はおすすめされていません。

    カナダでは水道水を簡単に浄⽔できる『Brita』のポット型浄水器がスーパーなどで気軽に⼿に入ります。

    ぜひ活用してみて下さい。

    プラスチックゴミを減らすためにも、そのまま・もしくは水道水を浄⽔してタンブラーに入れて持ち歩くのがベストかと思います。

    可愛いご当地タンブラーを探してみるのも楽しいですよ。

    DASANI WATER

    DASANI WATER

    Amazonの情報を掲載しています
    【第2類医薬品】セイロガン糖衣A 84錠

    【第2類医薬品】セイロガン糖衣A 84錠

    1,239円(05/17 02:25時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    この記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    目次
    閉じる