サイトマップ
ウォーターサーバーキャンペーン確認する

    自分でウォーターサーバーの設置ができるのか/無料設置レビューから判断してください

    • URLをコピーしました!

    ウォーターサーバーの初回設置は以下の3つのパターンがあります。

    • 自分で無料設置
    • 業者が無料で設置
    • 業者が有料で設置

    結論からお伝えしますと、機械に不慣れな女性・シニアの方々以外なら10分〜20分程あれば自分だけで設置できるはず。

    サーバーマシーンと同封の取扱説明書にも簡単にですが方法が記載されていますよ。

    ですが、文字だけで説明されても正直完全に不安が消えることはないかと思いますので、この記事では実際の設置作業を画像と動画で紹介します。

    この記事を最後まで読んでいただき、自分で設置できそうかあなたの目で確認してください(^^)

    一部メーカーを除くと業者に依頼すると設置は有料サービスになります。

    払う必要のないお金は出来る限りセーブしたいですよね(^^)

    自分で設置
    • 宅配業者配達
    • 天然水ウォーターサーバー
    • ※オプションで一部メーカーが有料設置サービス実施
    業者が無料設置
    サクッと!設置方法
    1. 設置場所の決定
    2. トレイをサーバー下に敷く
    3. ボトルをサーバーに差し込む
    4. コップ1杯分のお水を出す
    5. 背面スイッチをONにして電源を入れる
    6. 温水タンクが適温になるまで待つ(30分程)
    7. 初回設置完了
    目次

    自分たちで設置と業者無料設置の違い

    天然水ウォーターサーバーは基本自分達で設置

    天然水ウォーターサーバーとは
    • ミネラル成分豊富なお水が飲める宅配水
    • 配達は宅配業者経由(ヤマト・クロネコ等)
    • 初回に一式が玄関先まで届く

    天然水ウォーターサーバーの宅配方法は、メーカーが宅配業者に品物を渡してその商品を私達が受け取るカタチになります。

    その為、通常の宅配サービスと同様に商品が運ばれてくるのは玄関先までです。

    クリクラ・アクアクララは業者無料設置

    アクアクララ・クリクラとは
    • 自社スタッフが配達・メンテナンスを行う
    • 自宅近くのメーカー代理店とやり取りを行う
    • ※月額サービスに初回設置が含まれている

    クリクラ」・「アクアクララ」は月額料金が安いRO水を提供してるウォーターサーバーメーカーになります。

    そして、この2社の特徴として複数の安心サービス内容を毎月一定額支払う料金システムを採用しており、この中に初回設置サービスが含まれている形です。

    天然水サーバー
    1. サーバーレンタル料金
    2. お水代金
    3. 1+2=月額料金
    クリクラ・アクアクララ等
    1. 安心サポート料金(メンテナンス費用・設置サービス・サーバーレンタル料金等)
    2. お水代金
    3. 1+2=月額料金

    詳しいメーカー内容に関しては、下の関連まとめ記事を参考にしてください。

    https://mizulove.comcategory/waterserver/popularity/aquaclara/ https://mizulove.comcategory/waterserver/popularity/crecla/

    水道直結式ウォーターサーバーは業者無料設置

    ウォーターサーバー

    水道直結

    ウォータースタンド」や「オーシャン」等の水道直結ウォーターサーバーは、初回設置時に簡単な工事を行う必要ありです。

    こちらの工事=初回設置であり、近年の売れ筋製品の多くは工事費用が無料となっています。

    調べると一応電話越しに指示してもらいながら自分でも出来るようですが、デリケートな部分を触りますので素直に業者さんにお任せしたほうが懸命ですね。

    下の関連記事では、実際に利用したからこそ分かる水道直結製品達のメリット・デメリットを紹介中です。

     

    自分で設置する時の注意点

    壁につけるのはNG/壁からちょっと離す

    壁にスッキリとくっつけて設置したい気持ちは山々なのですが、ウォーターサーバーの背面は熱を逃がす働きも兼用しています。

    その為、冷蔵庫等と同じようにサーバー背面は15cm程度は離した状態で設置してください。

    ちなみに、背面はホコリが溜まりやすい箇所な為最低でも半年間に1回程度はウォーターサーバーメンテンナスとして掃除することが推奨されています。

    アースは使わなくても大丈夫

    ウォーターサーバー背面には電源プラグ・特集機能スイッチ・アース線があります。

    こちらのアース線はご存知の通り、感電を防ぐ働きがある安心機能の一つですが以下の理由により多くの人がアース線を使用せずに使っていまし、私もアース線なしで使っています。

    • 感電しそうになるとブレーカーが作動する
    • コンセント自体にも漏電の耐久性がある
    • ※メーカーに連絡すると「無理に接続する必要はない」との答えが

    ですが、ウォーターサーバーを安全に使用していただく為に延長コード(タコ足配線)の利用は避けて、直接電源コンセントに差し込みましょう。

    空焚き厳禁/タンクに水が入ってから電源を入れる

    メーカーによって温水温度は多少異なりますが、80℃〜90℃程の熱湯がすぐに使えるのもウォーターサーバーの魅力の一つ。

    30分程でタンク内のお水が熱湯に早変わりする程の加熱機能搭載の為、必ずお水をタンク内に入れてから電源プラグをコンセントに差し込んでください。

    同封の取扱説明書にもしっかり記載がありましたが、空焚き(タンク内にお水が入っていない状態で電源を入れる行為)は火災の原因に繋がりかねません。

    温水スイッチON/OFF機能搭載サーバーなら電源を入れても空焚きの心配なしです

     

    時間は10分くらい/ウォーターサーバーの設置方法

    [su_tabs class=”my-custom-tabs”]
    [su_tab title=”到着時”][/su_tab]
    [su_tab title=”設置完了”][/su_tab]
    [/su_tabs]

    初回配達
    • ウォーターサーバーマシーン
    • 取扱説明書
    • ウォーターサーバー下のトレイ(サーバーによる)
    • 事前に申し込んだ本数のお水

    今回は少量利用者に人気の高い「スノーアルプス」の初回設置作業手順を画像で紹介します。

    基本的な設置作業手順は全ウォーターサーバー共通ですが、サーバー構造によって若干順番が変わってきます。

    下記の設置手順は参考として確認していただき、同封の取扱説明書記載の手順を優先してください。

    初期設置
    • STEP1
      トレイをサーバー下に敷く

      付属のサーバー専用トレイが同封されていますので、まずはこちらのトレイを設置予定場所に置き、その上にサーバーマシーンを設置しましょう。

    • STEP2
      ボトルを取り出しサーバーに差し込む

      私がお借りしたスタンダードサーバープラン(床置き)は、サーバー上部にボトルを差し込む方式を採用。

      ボトルをサーバー上部まで持ち上げてそのまま差込口にボトルを設置しましょう。

      プラチナサーバープランはサーバー下部にボトル設置場所がある為、持ち上げる必要なし

    • STEP3
      温水タンクにお水を入れる

      ボトルを差し込むと「ポコポコ・・・」とお水がサーバータンクに入っていくのを確認できるかと思います。

      ですが、この時点では冷水タンクのみお水が入っている状態です(>_<)

      温水タンクの空気抜きを行うことで自動的に温水タンクにもお水が入ります。

      1. 温水ロックを押しながらレバーを押す
      2. お水は出ないが「ポコポコ・・・」と温水タンク内にお水が入る
      3. 30秒程で温水タンク内にもお水が充満する

      説明書にも記載済みですが、温水タンク内にお水が入っていない状態でプラグをコンセントに差し込むと火災の原因に繋がりかねません。

      温水タンクにお水が充満したのを確認してからプラグをコンセントに差し込んでください。

    • STEP4
      サーバー背面の温水スイッチをONにする

      冷水スイッチは未搭載。プラグを入れた瞬間=冷水スイッチONです。

    • STEP5
      30分程すれば完成

      後は、冷水・温水タンク内のお水が適温になるまで待つだけです。

      これで初期設置は完了です。

    動画でウォーターサーバー設置方法を紹介

    コスモウォーターsmartプラス

    設置方法
    1. ボトル差し込み口のキャップを外す
    2. ボトルをカゴに入れてセット
    3. 電源を入れる(サーバー背面スイッチON)
    4. コップ1杯分のお水を出す
    5. 30分程温水タンクが適温になるまで待つ
    6. 設置完了

    プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ

    設置方法
    1. トレイの上にサーバーを置く
    2. サーバー上部にボトルを差し込む
    3. 冷水・温水の出水確認
    4. 電源を入れる(サーバー背面スイッチON)
    5. 30分程温水タンクが適温になるまで待つ
    6. 設置完了

    ハミングウォーター

    設置方法
    1. サーバー下部の専用浄水フィルターを設置
    2. サーバー上部にお水を注ぐ
    3. 電源を入れる(自動的にモーター作動)
    4. 出水確認
    5. 30分程温水タンクが適温になるまで待つ
    6. 設置完了

     

    設置費用有料サービスウォーターサーバーメーカー

    8,000円/プレミアムウォーター

    [プレミアムサーバーまとめ(amadana2種類・スリムサーバー・Cado)]

    詳細
    自分で設置
    業者が設置 8,000円
    設置方法の選び方 公式サイト」申込み画面

    6,000円/スノーアルプス

    [スノーアルプス月額料金(スクロールテーブル編)]

    製品名 サーバーレンタル料金 水の種類 水代金 注文ノルマ 送料 最低利用期間 月額料金 レビュー 公式
    詳細
    自分で設置
    業者が設置 6,000円
    設置方法の選び方 公式サイト」申込み画面

    [スノーアルプス・キャンペーン]

    [スノーアルプス・詳細+公式サイト]

     

    さいごに/自分設置推奨理由は返却時は必ず自分で作業するから

    ちなみに、後片付け(解約)の有料サービスは無料設置サービスを行っているメーカーすら提供していません。

    サーバーの後片付けは、この初回設置作業手順に近い形に加えて、「水抜き作業」が必要になります。

    (「引っ越し時」は水抜き作業に加えて再度初回設置)

    初回設置
    1. トレイをサーバー下に敷く
    2. ボトルをサーバーに差し込む
    3. コップ1杯分のお水を出す
    4. 背面スイッチをONにして電源を入れる
    5. 温水タンクが適温になるまで待つ(30分程)
    6. 初回設置完了
    解約&水抜き
    1. 温水スイッチを切りコンセントを抜く
    2. ボトルを外す
    3. コックから冷水・温水を出す
    4. 排水キャップから水を抜く
    5. 排水キャップを閉めて完了

    解約する際のサーバー片付け(水抜き)は必ず自分での作業になりますので、初回設置も自分でトライしてみるのを推奨します(^^)

    解約方法と解約手数料金

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    この記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    目次
    閉じる