サイトマップ
ウォーターサーバーキャンペーン確認する

    お湯(熱湯)の温度調節機能の仕組み・出し方とウォーターサーバー特集

    • URLをコピーしました!

    細かいお湯の温度調節ができるウォーターサーバー特集

    突然ですが『ウォーターサーバーならすぐに細かいお湯の温度調節ができる』と思っていませんか?

    ですが、残念ながら細かい温度調節機能を搭載したサーバーは 2022年05月現在では、一部しかありません(>_<)

    • カップラーメン用に使いたい。
    • 朝食のスープを美味しいウォーターサーバー水で飲みたい。
    • 調理用の熱湯水としてウォーターサーバーの利用を検討している。

    ウォーターサーバーの温度調節機能を利用すれば、おいしいコーヒーもワンタッチで飲める!

    つまり一部の限定機能がある以上、しっかり確認してウォーターサーバーを選ばないと確実に後悔してしまいますので注意が必要です(>_<)

    そこで、このページでは熱湯に近いお湯が使える高性能の温度調節機能を搭載したウォーターサーバーをご紹介しながら、熱湯が使えるサーバーが一部しか利用できない仕組みについて簡単にご紹介します。

    後悔しないウォーターサーバー選びの参考にしてください(^^)

     

    1番人気の温度調節可能サーバー

    グッドデザイン賞を受賞しフレシャスから販売中のスラットサーバー

    詳細
    冷水 4℃から10℃
    常温水
    エコ温水 70℃から75℃
    温水 80℃から85℃
    熱湯 90℃
    ■MEMO
    • 冷水含む最大5段階の温度調節機能搭載サーバー。
    • 『5段階×天然水サーバー』はスラット限定の特別な仕組み。
    • ナチュラル天然水だから温水でも臭みなし!
    • 自宅を鮮やかに彩るおしゃれなデザインサーバー。
    • 足元から簡単にお水交換ができる女性に嬉しい親切設計。

    一番人気のフレシャススラットの温度調節機能をこの目で確かめてみました!

    [フレシャススラット【詳細+公式ボタン】]

    目次

    ウォーターサーバーからお湯が出る仕組み


    そもそもウォーターサーバーはどうして温水が出るのか疑問に感じますよね。

    私は実際に卓上ウォーターサーバー業界内で1番人気の高いフレシャスデュオ・ミニを毎日愛用していますが、サクッとお水ボトルを設置するだけでお湯が使えるのが以前から疑問に感じていました(>_<)

    そして、その秘密こそ『サーバー内部のタンク構造』が関係しています。

    ウォーターサーバには冷水と温水の2種類のタンクがあります。

    つまり、私達が宅配業者から届けてもらったお水をサーバーに設置し、サーバー内部にお水が流れる際に2種類のタンクにタコ足配線の要領でお水を注いでいることになります。

    温水と冷水タンク

    そして、温水タンクには金属棒が埋め込まれており、この金属棒の働きによって温水タンクにはいつでも80℃から85℃程度の温水が常に充填されています。

    電気ケトルやポットと同じ仕組み

    ちなみに、大半のウォーターサーバーはお水ボトルを上から設置するサーバー構造ですが一部のサーバーマシーンは足元から設置するタイプの『下置き構造』を採用しています。

    下置きサーバーの温水・冷水タンクの構造

    このように下置きサーバーの場合は、電気のチカラによって温水・冷水タンクにお水を流し込む構造。

    その為、下置きサーバーは電気が無いとタンクにお水を注ぐことが出来ません。

    『下置きサーバー=停電時の利用は出来ない』とお考えください。

    熱湯がウォーターサーバーから出る仕組み

    ですが、一部のウォーターサーバー限定の機能になりますが、人気サーバーの中には90℃近くの熱湯が利用可能。

    この熱湯が使える仕組みについても簡単にご紹介しますね!

    ■熱湯が使える仕組み
    1. 専用ボタンを押す。
    2. 温水タンクが再度急速に加熱される。
    3. 熱湯(90℃程度)まで10秒程で加熱され、ワンタッチで利用できる。

    【1】の専用ボタンは、フレシャス・スラット等の一部のサーバーにしか搭載されていない機能の為、熱湯が使えるサーバー自体が非常に珍しいのですが、原理自体はとっても簡単!

    タンクになる温水を一時的・急速に熱を加えることで熱湯を一時的に作り出しているんです。

    ちなみにこちらの専用加熱ボタンは、メーカーによって名称が異なります。

    1番人気のフレシャススラットの場合でしたら『リヒートモード(再加熱モード)』と呼ばれていますね(^^)

    サーバー上部に温水・冷水ボタンを設置することで押しやすさと小さなお子さんの火傷防止機能の2種類の働きが期待出来ます。

    画像だとちょっと分かりづらいかもしれませんが、左端に薄い丸のようなボタンがあるのがご確認頂けるかと思います。

    この丸っぽいボタンこそ、スラットから熱湯が出る仕組みの核になる専用ボタンなんです!

     

    お湯が使えるまでの時間

    こんな感じですっぽり収まります

    ちなみにタンクにお水が無くなると、当然ですがサーバーマシーンのお水装着口にボトルを設置しタンク内部にお水を入れる作業が必要になります。

    先程もご説明した通り、冷水・温水タンクにお水が入っても金属棒で温める時間が必要になります。

    冷水 温水
    出来上がりまで 20分から30分 30分から40分
    消費電力 普通 多い
    温水機能は一時的に大量の電力が必要

    その為、メーカーによって多少違いが生じますが、夏場の利用よりも冬場の利用のほうが100円から200円程度電気代が増えてしまうとお考えください(>_<)

    ちなみに、熱湯機能に関しては既に80℃から85℃近いお湯を温めるだけの作業になりますので、10秒程で熱湯が利用可能!

    つまり、電気ケトルやポットよりも早く90℃程の熱湯が使えるんです(^^)

    この辺も朝食用のスープやカップラーメン用の熱湯として人気が高い理由の1つなのかも知れませんね。

     

    ウォーターサーバーの温度比較一覧表/人気宅配水限定

    温度調節機能は、あなたが契約するサーバーマシーンによって大きな違いがあります。

    そこで、人気の高い売れ筋サーバーを中心にそのサーバーで利用可能な温度調節機能を簡単な表にしてまとめてみました!

    お湯の温度一覧表【売れ筋サーバー限定】
    エコ温水 温水 熱湯 詳細&申込み
    amadanaサーバー
    87℃ [詳細テーブル・アマダナウォーターサーバー]
    [公式テーブル・プレミアムウォーター]
    amadanaスタンダード
    87℃ [詳細テーブル・アマダナスタンダード]
    [公式テーブル・プレミアムウォーター]
    スラット
    下置きサーバーとして1番人気の高いフレシャス・スラット
    70℃ 85℃ 90℃ [詳細テーブル・スラット]
    [公式テーブル・スラット]
    デュオ 70℃ 85℃ [詳細テーブル・デュオ]
    [公式テーブル・デュオ]
    アクアアドバンス
    おしゃれウォーターサーバーとして人気の高いアクアクララ
    70℃ 85℃ [詳細テーブル・アクアアドバンス]
    [公式テーブル・アクアクララ]
    CadoCadoウォーターサーバーの気になる特徴を簡単にご紹介しています。非常にメタリックなデザインでひょうばんが高いおしゃれウォーターサーバーです。 83℃ 90℃ [詳細テーブル・カドー]
    [公式テーブル・プレミアムウォーター]
    コスモウォーター
    85℃ [詳細テーブル・コスモウォーター]
    [公式テーブル・コスモウォーター]
    デュオミニ
    75℃ 85℃ [デュオミニ・詳細テーブル]
    [デュオミニ・公式テーブル]

    温度は使用環境により多少変わる

     

    お湯の温度調節可能!ウォーターサーバーランキング

    そして、国内で販売中のウォーターサーバーマシーンの中から最もおすすめの熱湯・温度調節機能対応のサーバーは、フレシャスから販売中の『スラットサーバー』でした!

    スラット(フレシャス)

    グッドデザイン賞を受賞しフレシャスから販売中のスラットサーバー
    [フレシャス・販売先URL]
    [スラット・タグ]
    [frecious-slat-pricetable]

    ■MEMO
    • 最大5段階の温度調節機能を搭載した唯一のウォーターサーバーマシーン。
    • グッドデザイン賞を受賞したおしゃれデザイン。
    • 足元から簡単にお水の交換が可能な下置き設計。
    • 高級感が強いマット調カラー。
    • 富士山近郊の天然水が飲める。

    [フレシャススラット【詳細+公式ボタン】]
    [ホッと安心記事・フレシャス]

    Cadoウォーターサーバー(プレミアムウォーター)

    Cadoウォーターサーバーの特徴や口コミ評判を詳しくご紹介しています。
    [プレミアムウォーター・販売先URL]
    [Cado・タブ]
    [amadana-cado-pricetable]

    ■MEMO
    • お腹に優しい弱冷水が飲める唯一のウォーターサーバーマシーン。
    • おしゃれで近代的なデザインが特徴。
    • サーバーレンタル費用が月額1,000円発生する。

    [Cado【詳細+公式ボタン】]

     

    Cadoウォーターサーバー(プレミアムウォーター)とスラット(フレシャス)の違いを比較

    細かい温度調節ができるCado・スラットの2種類の人気サーバーを徹底的に比較した内容は、別ページで徹底的に詳しくご紹介しています。

    こちらの内容も合わせて参考にしてください。

    温度調節機能の仕組みを便利に使う方法

    カップラーメンや朝食用のスープ・お茶・コーヒー

    ラーメン・スープとしても使える温度調節可能のウォーターサーバーは?

    極論を言ってしまえば、通常の温水サーバーでもカップラーメンを作ることは十分に可能です。

    ですが、どうせならあっつあつのスープに麺を浸した状態で美味しく食べたいですよね!

    また、ウォーターサーバーでしたら普段の飲料水としての利用以外にも忙しい朝のスープ用としても役立ちます。

    ■MEMO
    • コーヒーや温かいお茶。
    • 毎日の調理用のお湯として。
    • ウイスキー・焼酎を割る時のお湯として。

    使い道は無限大!

    また、お湯サーバーとして考えると電気ケトルと比較されることがありますが、電気ケトルではどんなに早くても数分程度待つ必要があります(>_<)

    ですが、ウォーターサーバーでしたら30秒程で90℃程の熱湯が利用可能!

    使いたい時にすぐに熱湯が使える点も電気ケトルよりウォーターサーバーが支持されている理由の1つなのかもしれません。

    ミルク用の哺乳瓶を殺菌・消毒可能

    ウォーターサーバーで作る安心・安全な時短ミルクの作成手順はこちらで詳しくご紹介しています。

    赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーランキングで紹介してる通り、ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク用としても利用可能なのです(^^)

    放射能検査も毎月〜数ヶ月に1回キチンと行われている業者大半ですし、専門知識を持つ業者の手によって製造されたお水は世界一愛してるお子さんの発育をガッチリサポートしてくれます。

    先程ご紹介した1番人気のフレシャス・スラットでしたら70℃から75℃のエコ温水が利用可能ですので、非常に使い勝手が良いですよね!

     

    熱湯(高温水)ウォーターサーバーの注意点

    便利で私達の生活を豊かにしてくれる熱湯対応のウォーターサーバーですが、以下の点にだけ一応注意してください(>_<)

    • 5℃から最大10℃程度の温度幅がある。
    • 火傷には注意する。

    5℃〜10℃程度は温度に幅が生まれる

    5℃〜程度は温度に差が生まれる場合が多い。
    スラットとCadoウォーターサーバーは、一般的なサーバーマシーンより高温の温水が出る熱湯可能なウォーターサーバーです。
    ですが、必ず90℃程度の熱湯が出るわけじゃなく、外部の影響により5℃程度の温度差はどうしても生まれてしまいます(>_<)

    Cado スラット
    サーバー Cadoウォーターサーバーの気になる特徴を簡単にご紹介しています。非常にメタリックなデザインでひょうばんが高いおしゃれウォーターサーバーです。 下置きサーバーとして1番人気の高いフレシャス・スラット
    冷水 約8℃ 4℃から10℃
    弱冷水 約15℃
    常温水
    エコモード 70℃から75℃
    温水 約83℃ 80℃から85℃
    熱湯 約90℃ 90℃
    申込先 [公式テーブル・プレミアムウォーター] [公式テーブル・スラット]

    特に、ウォーターサーバー背面のファン(空気孔)にホコリが溜まっていると特に起こりやすい症状ですね(>_<)

    事故が多い!子供の火傷に特に気をつけるべき

    火傷には特に気をつけましょう。

    Cado・スラット共に子供のイタズラ防止機能としてチャイルドロックが無料で標準装備です。

    ですが、小さい幼児・赤ちゃんがいるご家庭は片時もお子さんから目線を外さないでください(>_<)

    スラットの出水口の高さとトレイまでの高さを簡単に表した画像です。

    ちなみに、スラットサーバーでしたら熱湯・温水が出る出水口は床から98cmの位置にあります。

    そして、再加熱モード・温水ボタンは高さ110cmのサーバー上部に全て集約されており、小さなお子さんでしたら手が届かない場所に搭載されているんです!

    自宅にサーバーマシーンが到着したら、お子さんと使い方について一緒に確認するのも安全の為の予防措置として検討してください。

     

    この記事のまとめ
    • サーバーマシーンによって利用可能な温度が異なる。
    • 1番使い勝手が良く細かい温度調節機能を搭載したサーバーは『フレシャスから販売中のスラット』です!
    • お湯の仕組みは2種類のタンク(冷水と温水タンク)が別れているから。
    • 90℃以上の熱湯は一部サーバー限定の特別機能。
    • 10秒から最大30秒程で90℃程の熱湯がスラット・Cado限定で利用可能。
    • 電気ケトルやポットよりすばやく熱湯が使える。

    熱湯が出る温度管理可能ウォーターサーバー【まとめ】

    細かいお湯の温度調節ができるウォーターサーバー特集

    詳しい熱湯対応ウォーターサーバーの比較内容は、別の記事でご紹介していますが『月額費用とサーバー性能の高さ』で比べると、フレシャスから販売中のスラットサーバー以上に適切なサーバーは存在しておりません!

    また、電気ケトルは熱湯のみ利用可能ですがスラットサーバーなら熱湯は当然ながらウォーターサーバーである以上、約4℃のキンキンに冷えた冷水も利用可能。

    この記事が少しでも参考になればうれしいです(^^)

     

    [スラットサーバー]
    [frecious-campaign-postsnippets]

    ■5段階の温度調節機能搭載

    [【公式バナー付き】フレシャス]

    [ホッと安心記事・フレシャス]

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    この記事をシェアする
    • URLをコピーしました!
    目次
    目次
    閉じる