サイトマップ
ウォーターサーバーキャンペーン確認する
    ウォーターサーバー内部画像

    雑菌繁殖し汚くなる理由を知ってほしい/衛生面に拘るなら除菌機能搭載サーバーをおすすめする理由

    • URLをコピーしました!

    ウォーターサーバー検討中の方は以下のようなネガティブな意見を一度は耳にしたことがあるはず。

    • 雑菌がやばいらしい
    • ウォーターサーバーは汚いらしい
    • 実は水道水のほうが安全だったりするみたい

    専門家でもあり1人の利用者としての率直な意見をお伝えするなら、常時お水が使用可能な為間違った知識で使用すると雑菌が繁殖しやすい生活家電です。

    この記事では、本来なら安全・快適なウォーターサーバーが汚くなってしまう原因と、肝心のお水・おすすめしたい「高機能除菌搭載サーバー」について実体験を交えながら説明しています(^^)

    目次

    雑菌だらけのウォーターサーバーに変化しやすい行為

    長期間使わないからと電源プラグを抜く行為

    ふじざくら命水の省エネモード
    使用しない時は省エネモードの利用を

    生活家電である以上、数ヶ月使用しないことが決まっていると電気代節約の為に電源を抜きたくなる気持ちはとってもよく分かります。

    ですが、タンク内部にお水が入っている状態で電源を抜くのはウォーターサーバーを劇的な速さで汚くしてしまう行為ですし、お水の味を劣化させる行為でもあります。

    ウォーターサーバーの温水は雑菌の繁殖を抑えてくれる働きも兼用していますので、実家への里帰りや長期旅行でもウォーターサーバーの電源はそのままにしてください。

    スリムサーバーⅢのエコ機能
    スリムサーバー」のエコ機能
    エコ機能時
    リセットタイム」のエコ機能

    エコ機能搭載」サーバーなら起動させておくと衛生面とお金面の両方カバーしてくれますね(^^)

    また電源を入れた状態でも長期間使用しなかった場合は、使う前にコップ1杯分の冷水・温水を廃棄してから飲みましょう。

    自分でメンテナンス(掃除)をしていない・頻度が少ない場合

    出水口
    取り外して食器と同様に洗う

    別記事で定期的に行っている「ウォーターサーバーの掃除方法」を紹介していますが、たとえ除菌機能搭載サーバーを利用していても定期的なお掃除は必須とお考えください。

    この先で詳しく説明している通り、私達が普段から日常的に利用している水道水より外部からの刺激に敏感。

    つまり、味を優先した結果雑菌に対する抵抗力が少ないのがウォーターサーバーのお水になります。

    サーバー内部は除菌機能・定期的なサーバー交換で十分ですが、サーバー外部は私達が定期的に行わないと雑菌が繁殖してしまい『汚いウォーターサーバー』に変貌してしまう確率が高まりますので注意してください。

    夏場は以下の頻度以上に掃除推奨
    受け取り皿
    ※最低でも週1回
    出水口周辺
    ※最低でも週1回
    ボトル差込口
    ※ボトル交換時
    サーバー背面
    ※数ヶ月に1回

    サーバー内部はメーカー様にお願いするしか方法はありませんが、サーバー外部のお掃除は私達の仕事です(^^)

    下の関連記事内にお掃除風景を記しています。

    3年以上経過したのにサーバー交換を行っていない場合

    新品ウォーターサーバー
    サーバー到着時

    サーバー内外部のメンテナンスが一番重要なのは間違いありません。

    ですが電化製品である以上、利用経過の長さに比例してトラブルが発生してしまう確率も自然と高くなってしまうのも事実です。

    メーカー公式サイトでは記載していない(記載しにくい)情報ですが、利用開始から3年間経過したら一度新しいサーバーとの交換を検討してください。

    箇所 1年未満の利用 2年未満の利用 3年未満の利用 3年以上の利用 公式

    フレシャス
    14,300円 8,800円 5,500円 5,500円 [公式テーブル・フレシャス]

    コスモウォーター
    9,900円 9,900円 無料 無料 [公式テーブル・コスモウォーター]

    プレミアムウォーター
    14,300円〜
    22,000円
    11,000円〜
    17,600円
    7,700円〜
    13,200円
    5,500円 [公式テーブル・プレミアムウォーター]
    \ 2年以上使うと無料交換/
    [smartプラス・横ボックス表示]

     

    ウォーターサーバーのお水が汚いと噂される理由

    水道水のほうが検査項目が多い

    水道水
    朝来・富士吉田天然水【プレミアムウォーターから販売中の天然水】
    ウォーターサーバー水

    ウォーターサーバーのお水は汚い・まずい等の意見者の大半は『水道水の水質基準項目数』を引き合いに出します。

    水質基準項目と基準値(51項目)
    水道水は、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合することが必要です。

    詳しい検査項目に関しては、こちらの国土交通省が発表した水質基準項目を確認して頂きたいのですが、対してウォーターサーバーは清涼飲料水に分類されるため水道水と比較すると検査項目が少ないのは確かに事実です。

    ただ、検査項目が少ない=ウォーターサーバーのお水が汚いと断言するのは少々乱暴な考え方ですね。

    上URLをタップして頂ければ納得してもらえるかと思いますが、実は多くの検査項目が被っており、その上検査基準もほぼ同じです。

    水道水
    • クロロホルム:0.06mg/L以下
    • 総トリハロメタン:0.1mg/L以下
    • ブロモジクロロメタン:0.03mg/L以下
    清涼飲料水
    • クロロホルム:0.06 ㎎/L以下
    • 総トリハロメタン:0.1 ㎎/L以下
    • ブロモジクロロメタン:0.03 ㎎/L以下

    また、ウォーターサーバーは国が指定した最低限の検査項目は当然のごとくクリアした上で、独自の検査基準を設けて検査を実施。

    一定間隔で放射能検査も行っており、検査結果はメーカー公式サイト内で全て公表しています。

    ウォーターサーバー水には塩素が含まれていない

    ウォーターサーバーのお水は『飲料』に特化していますが、水道水は飲料水としての利用に限定され調理・身支度等生活のあらゆる場面で当たり前かのように利用されています。

    その為、安全性を重視する為に人体に害がない程度の量の塩素が含まれています。

    対してウォーターサーバーは基本的には飲料水としての利用に限定される為、雑菌の繁殖を抑えてくれる塩素は含まれていません。

    正直な話、様々な噂が独り歩きした結果、以下のような感じでウォーターサーバーのお水が汚いと噂されていると認識しています。

    • 世界でも特に安全だと評判の日本の水道水
    • その水道水より検査項目が少ないウォーターサーバーのお水
    • 塩素も含まれていない
    • 雑菌が繁殖する可能性あり
    • 『ウォーターサーバーのお水は汚い』

    水道水も入れ物を長期間放置すると水垢が発生するのと同様に、重要なのは『メンテナンス』

    メンテナンス不足・使用完了によって「お水がまずくなる」等もありますが、ウォーターサーバーのお水は安全に特に厳しい日本が認めたお水。

    日々のメンテナンスを意識して気持ちよくご利用ください(^^)

     

    カビ対策にもなる!除菌機能搭載×売れ筋サーバーを3種類紹介

    \ ここまでのまとめ /
    • ウォーターサーバーの水(清涼飲料水)は国の基準に則り販売
    • 塩素を含んでいない分水道水より雑菌繁殖の可能性があがる
    • お水を入れるサーバーマシーンが汚いお水になる原因
    • 雑菌を繁殖させてしまう代表的な行為:『電源を抜く』『掃除頻度の少なさ』『長期間利用にも関わらずサーバー交換を行っていない

    ウォーターサーバーが汚くなる原因の多くは、サーバー外部のメンテナンス不足や臭いの強い場所に置いた結果、ボトル容器に臭いが付着する等のケース。

    基本的には雑菌を繁殖させてしまう行為を意識して改善するだけで、ウォーターサーバー本来の安全なお水が飲めます。

    その上で『タンク内部の除菌機能』を定期的に活用すると尚良し!

    取り外し可能な受け取り皿
    サーバー外側
    ウォーターサーバー内部画像
    サーバー内部
    右画像はメーカー様から特別な許可を得て撮影しています。

    2019年頃から少しずつ市場に登場した除菌機能搭載サーバーの中から、専門家視点で特におすすめしたい製品を3つ共有させてください!

    フレシャスデュオ

    [フレシャスデュオ【画像スライダー】]

    サクッと説明
    • 5,474円(朝霧高原)
      5,542円(富士)
      5,606円(木曽)
    • 天然水
    • 4パック/月
    • 2年間

    フレシャスデュオ
    (28,8L/月で計算)

    月額料金
    お水
    性能
    デザイン
    衛生面
    サービス
    総合(5点満点中)
    4.3
    オートピアキープシステムとは

    電源を入れてから5日毎に冷水タンクに温水を流し込み、タンク内をクリーンな状態に保つ機能。
    ※手動なし

    フレッシュモードとは

    温水を冷水タンク・配管内に循環させ殺菌してくれる機能。

    [フレシャス・デュオ【詳細+公式ボタン】]

    コスモウォーターsmartプラス

    [コスモウォーターsmartプラス【画像スライダー】]

    サクッと説明
    • 4,104円
    • 天然水
    • 2本/月
    • 2年間

    smartプラス
    (24L/月で計算)

    月額料金
    お水
    性能
    デザイン
    衛生面
    サービス
    総合(5点満点中)
    4.2
    クリーンエアとは

    タンク内に取り込むわずかな外気も独自特許技術でしっかりクリーン化。
    雑菌の侵入を防ぎます。

    クリーンサイクルとは

    電源を入れてから2日毎に冷水タンクに温水を流し込み、タンク内をクリーンな状態に保つ機能。
    ※手動なし

    [コスモウォーター【詳細+公式ボタン】 ]

    ふじざくら命水

    [ふじざくら命水【画像スライダー】]

    [ふじざくら命水【簡易料金表】]

    高温循環機能とは

    電源を入れてから7日毎に冷水タンクに温水を流し込み、タンク内をクリーンな状態に保つ機能。
    ※手動でも可

    [ふじざくら命水【詳細+公式サイト】]

     

    加熱クリーンシステムで比較

    製品名 自動 手動

    デュオ
    5日毎

    smartプラス
    2日毎

    ふじざくら命水
    7日毎

    雑菌対策ありのウォーターサーバー比較

    [デュオ月額料金(スクロールテーブル編)]
    [smartプラス月額料金(スクロールテーブル編)]
    [ふじざくら命水月額料金(テーブルスクロール編)]

    製品名 サーバーレンタル料金 水の種類 水代金 注文ノルマ 送料 最低利用期間 月額料金 レビュー 公式

     

    さいごに

    ご紹介の通り、ウォーターサーバーのお水は国が厳格な規定を定めて管理していますが、長期間サーバーを利用するとサーバーの汚れが蓄積され、この蓄積こそウォーターサーバーが汚い・汚れていると言われる所以です。

    ただ、それでもウォーターサーバーのお水が気になる場合は「水道水が使えるウォーターサーバー」の利用も検討してみてください(^^)

    水道水が使えるサーバーは市販浄水器以上のフィルターを搭載しており、安全な水道水に微量に含まれている不純物を徹底的にろ過します。

     

    雑菌対策ありサーバーまとめ

    フレシャスデュオのサーバーマシーン画像

    • 5,478円〜
    • 天然水
    • 2年間

    [公式テーブル・フレシャス]

    コスモウォーターsmartプラスのサーバーマシーン画像

    • 4,104円
    • 天然水
    • 2年間

    [公式テーブル・コスモウォーター]

    ふじざくら命水のサーバーマシーン画像

    • 3,865円〜
    • 天然水
    • 2年間

    [公式テーブル・ふじざくら命水]

    ウォーターサーバー内部画像

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    この記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    目次
    閉じる